赤ちゃんはもちろん、
2~3歳ぐらいまでの子供は
自分で鼻をうまくかむことができません。

小さな子供が風邪を引いてしまった時は
鼻水を吸引してあげる必要があります。

鼻水がたまるととてもつらいし、
放置しておくと中耳炎になってしまう可能性もあるのです。

そんな時に役に立つのが鼻吸い器ですよね。

我が家も今まさにリアルタイムで活躍中です。

スポンサードリンク




鼻吸い器には
パパやママが口で吸ってあげる手動式と
電気の力で吸い取る電動式があります。

じゃあ、手動式と電動式、どっちがおすすめなの?
と迷っているママさんも多いはず。

電動式と手動式、両方使い比べてみたので、
比較レビューしていきたいと思います。


電動と手動、どちらがおすすめ?


いきなり結論なのですが、
私がおすすめするのは電動式です。

私も最初は口で吸うタイプの手動式でしたが、
あることがきっかけで電動式に変えて、
今ではそれで大正解だったと思っています。

もちろん、どちらにも
メリット・デメリットはあります。

なぜ私が電動式を買ったのか、
手動式、電動式の
それぞれの良い所、悪い所を
詳しくご紹介しますね。


私が電動式を購入したきっかけとは?


我が家が電動式の鼻吸い器を購入したのは
あるきっかけがあります。

子供が風邪を引いて鼻水が特に酷かったので、
耳鼻咽喉科で診てもらった時のことです。

「鼻水吸引しておこうね~」
ということで、
病院の電動吸引器で鼻水を取ってもらったら、
ものすごい大量に鼻水が出たんですね。

家で使っている、
口で吸う鼻吸い器とは
比べ物にならないぐらいでした。

しかも短時間であっという間。

耳鼻咽喉科の先生曰く、

「子供は吸引を嫌がるけど、
少々強引でもいいから強い力で
こまめに吸ってあげた方がいいですよ。


その方が風邪の治りも早いし、
結果的に子供が楽になります。
放っておくと
中耳炎になる可能性もありますからね」


と教えてもらいました。

これをきっかけに、
我が家も電動式に変えてみよう、
ということになったんですね。


電動式鼻水吸引器と手動の鼻吸い器 徹底比較レビュー


それでは、
電動式鼻水吸引器と
手動の鼻吸い器(口で吸うタイプ)を
様々な角度から徹底比較してみましょう。

今回比較したのは、
電動式鼻水吸引器「メルシーポット S-501」と、
Pigeon(ピジョン)鼻吸い器「お鼻すっきり」です。

電動式鼻水吸引器「メルシーポット S-501」
画像:電動式鼻水吸引器「メルシーポット S-501」


Pigeon(ピジョン)鼻吸い器「お鼻すっきり」
画像:Pigeon(ピジョン)鼻吸い器「お鼻すっきり」


価格の比較



電動式

はっきり言って高いです。

我が家が購入したのは
メルシーポットのS-501という機種ですが、
楽天で16,800円でした。
これを安いという人はまずいないかと思います。

さすがに買う時にちょっと躊躇してしまいました(笑)


手動式

大体どれを買っても
1,000円未満と安いです。

どこのベビー用品店でも置いているので
欲しい時にすぐに買うことができます。


吸引力の比較



電動式

電動式の一番のメリットは強い吸引力です。

やはり自分の口で吸う手動式とくらべても、
鼻水を吸い取る力が全然違います。

初めて電動式を使って吸引した時は、
「おおっ!こんなに簡単に大量に吸引できるの!?」
とびっくりしました。

また、子供の年齢に応じて吸引力も自由に変えれます。

これも電動式の大きなメリットでしょう。

小さいうちはあまり強すぎてもダメなので
適切な力で吸い取ってあげるのがいいですね。


手動式

吸う人にもよりますが、
やはり物足りないです。

赤ちゃんの場合は強すぎてもよくないので
力の調節も難しいです。


使用方法・お手入れ・メンテナンス



電動式

当然ですがコンセントに繋がなければ動きません。
他にも電動式は手動に比べて準備に手間がかかります。

お手入れはホースとタンクを取り外して洗うだけなので
そこまで手間ではありません。

本体のメンテナンスも不要です。


手動式

吸いたい時にすぐに取り出せて吸うことが出来ます。
とてもお手軽です。

本体内には細かいパーツ等もあり、
これらをバラして洗う必要があります。

お手入れにかかる手間は
電動も手動もそれほど違いはないです。


大きさ・収納



電動式

当然ですが大きいです。
手動式の何倍もあります。

収納場所にも困るかもしれません。


手動式

小さくて大抵の商品はケース付きなので
簡単にどこでも収納ができます。


総合評価


価格の面では圧倒的に電動の方が高く、
準備の手間や収納でも電動の方が不利です。

でも一番大事なのは
やはりどれだけ鼻水を簡単に吸い取れるかです。

それを考えると、
吸引力が強くて、
力の調節も簡単にできる

電動式の方が圧倒的におすすめできます。


我が家もほぼ、吸引力だけで決めました。


まとめ


鼻吸い器は電動も手動もどちらにも
メリット・デメリットがあります。

我が家では両方使ってみて、
総合的に見て、今は電動式を買って
大正解だったと思っています。

というよりも
なんでもっと早く電動式を使わなかったんだろう!
と思ったぐらいです。

やっぱり最優先で考えるべきは子供のことです。
耳鼻咽喉科の先生のアドバイスがかなり大きかったです。

吸引は嫌がるけど、多少強引でも
しっかり吸い取ってあげたほうが良い


この言葉を聞いて即決しました。

2~3歳ぐらいまでは
まだまだ子供は上手に鼻をかめません。
そうすると夜もやっぱりよく眠れないし、
風邪の治りも遅くなります。

上手く鼻水吸引が出来ないママさんは
是非ご参考にしてくださいね。

こちらの記事もどうぞ
電動式鼻水吸引器「メルシーポット S-501」の使い方は簡単?
電動鼻水吸引器の失敗しない選び方!押さえるべきポイントとは?